一般社団法人化のお知らせ

平成23年2月18日

会員各位

一般社団法人 日本真空協会
会長 尾浦 憲治郎

一般社団法人化のお知らせ

日本真空協会は,昭和32年設立以来,真空,表面及び関連する科学技術の振興と普及を主要な目的として,学術団体としての活動を任意団体として行って参りました.かねてより,法人化の是非についてはご意見をいただいており,理事会を中心に検討を重ねて参りましたが,平成20年12月に新しい公益法人制度が施行されたのを機に,法人化を決断いたしました.その経緯はJVSJ誌VOL.53 NO.12 (2010年12月)の会告でお知らせしましたとおりです.

その予定どおり,日本真空協会は,平成23年2月16日,機械振興会館 研修-1号室において開催された会員総会の決議により,同日,下記のとおり登記した一般社団法人へ移行いたしました.

法人化のメリットとして期待されるのは,当面は,社会的認知度の向上,資格認定試験等での責任の明確化,資産管理等の運営面のものがほとんどですが,長期的には学会活動の活性化を通じて,必ずや会員の皆様に還元されるものと考えております.

なお,今回の一般社団法人への移行は,会員の皆様にとりまして,会員資格や活動において全く変わる事はございません.従前にも増して,当協会の活動にご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます.

 

名 称:一般社団法人 日本真空協会
英文名:The Vacuum Society of Japan  (VSJと略記)

以上